FX初心者のための役に立つブログ

FXに関するブログです。FX初心者向けのわかりやすい解説ブログを目指しています。

FX投資テクニック チャートパターン

チャートパターンを覚えると相場の天井と大底がわかるようになる【反転型と持ち合い型】

2017/04/23

FXの取引をしていますとよく専門家から、ダブルトップだ、ヘッド&ショルダーだ、三角持合だといった言葉が飛び出しますが、これがチャートパターンです。こうしたチャートパターンはなにもFXに限ったことではなく、株式相場でも同様に使われているものですが、大きくわけると反転型と持ち合い型の二つのパターンが存在しています。

反転型について

反転型というのは、相場の天井を見極めるタイプのチャートパターンであるといえます。ダブルトップはほぼ二回高値をつけてそれ以上持ち上がれずにネックライン以下へと落ちていくタイプです。ヘッドアンドショルダーはダブルトップより一回上方向への試しが多く、中央の高値がもっとも高く、日本語では三尊天井と呼ばれるものです。このうち中央の高値に差がない場合はトリプルトップと呼んだりしています。

あとはV字トップやソーサートップと呼ばれるものもあります。逆にこれが大底ならば、ダブルボトムやトリプルボトム、V字ボトムなどと呼ばれるものになるのです。

持ち合い型について

一方、持ち合い型と呼ばれるものは、最近ドル円やユーロ円などに良く見られた三角持合やフラッグ、ウエッジなどがあります。こうしたチャートパターンは完全にきれいな形にはなかなかならないものですが、ずっと見ていますと、これがそうだったのかと思わせるような形が形成されることはあります。

常にお目にかかれるようなものではありませんが、ここ一番のチャート形状のときに、次なる動きを想定するのには、こうしたパターンを事前にしっかり覚えておくことが肝要ということはできそうです。典型的なチャートパターン完成後には、為替レートが今後どれだけ動いていくのかの目標レートもこのようなチャートが教えてくれることになるのです。

たとえば、よく話題になるダブルボトムの場合には、チャート上でこの形が完成しますと、ボトムの安値からネックラインの途中高値の値幅分がネックラインからさらに上方向に上昇するのがひとつのパターンとなっていますので、ターゲットプライスも想定できるということになるわけです。

その他「水平線だけを利用したトレードで利益を確保する【FXの投資テクニック】の記事も参考にしてください。

南アフリカランドの高スワップ(金利)を堅実に稼ぐのにおすすめのFX会社とは

南アフリカランドの金利が高いことは有名です。FXでも外貨の金利収入を得ることができるため、FXを通じてランドに投資し、高スワップポイント(金利)を稼いでいるユーザーも増えてきているようです。

南アフリカランド/円で高い金利収入を得ようと思っているのであればSBI FXトレードがおすすめです。SBI FXトレードは南アフリカランドのスワップポイントが高く、スプレッドがかなり狭いのでランドに投資しようと思っているのであれば是非使ってみてください。

10万通貨単位あたりの平均スワップポイントは約140円とかなり高く、年利約5%程度利回りが期待できます。もちろん、レバレッジをかければそれ以上の利回りを得ることができます。

次にスプレッドは0.99銭~1.99銭とかなり狭くなっています。ランドに限らず、他の通貨もかなりスプレッドが狭いのでおすすめです。

また、通常、最低取引通貨単位が10万通貨単位である会社が多い中、SBI FXトレード1通貨単位から取引ができる数少ない会社です。1通貨ということはランドが約9円ですので9円からFXを始めることができ、初心者にもおすすめです。また、ナンピン買いも細かく設定できますので上級者の方も愛用されています。

参考:南アフリカランドに投資してローリスクで金利収入を得る方法







FX初心者は少額から始めるのがおすすめ

約4円からFXができるSBI FXトレードの評判はこちら




FX初心者の人向けにFXを始めるために必要な知識をまとめました。



堅実な投資をまとめた無料メルマガが完成しました。

>>ローリスクハイリターン投資をまとめた無料メルマガ

リスクをできるだけ低く、堅実に投資で収益を上げたいという方に役立つメルマガになっています。参考にしてください。