FX初心者のための役に立つブログ

FXに関するブログです。FX初心者向けのわかりやすい解説ブログを目指しています。

FXの確定申告

FXで個人事業主開業登録をする方法

2018/09/14

個人事業主になると意気込む!

私もあなたも、FXで大金を稼ぐのが生涯を賭けての夢なはずです。

しかし、現実は難しいですよね。私も何度も何度も、FXで挫折を経験してきました。そんな私から言えるのは、FXで稼ぐには手法を磨くと同時に、環境を整える事が大事です。

そこで前回の記事が好評だったようなので、今回もFXの個人事業主登録系について書いていきます。FXのみで個人事業主になるのは敷居が高いと書きましたが、環境を整えるという意味では大きな意味があります。

例えば、環境が変わらないと本気になれない性格や性分の人もいますよね。受験勉強なども自宅より、塾や図書館、またはマクドナルドなどの方が集中できるタイプが居ます。

それは、FXにも当て嵌まりそうで、ダラダラと自室でFXトレードするより、例え同じ自室でも個人事業主という看板を背負ってトレードするのでは、真剣味が絶対に違ってきます。

自分を追い込む環境として、個人事業主になる意味は大きいです。

FXで個人事業主になるにはどうする?

それでは実際にFXトレーダーとして、個人事業主になるにはどうすれば良いか? それには、ひとまずFXを隠す必要があります。

どうしても国という機関は、FXを本業としてまず認めません。継続性があり定期的な収入という意味で、グレーゾーンになるからです。

理屈としては、あなたが父親だとして娘の結婚相手がパチンコで生計を立てているとしたら反対しますよね。それと同じです。

しかし、これも面白いのは正直にFXで登録するのは無理ですが、それら投資系以外ならなんでも登録を簡単に出来ます。

その金額は月数万円の稼ぎがあれば十分なのです。

ちょっと、驚きですよね。笑ってしまうほど、敷居が低いのでまずは無理やりでも事業主になってみましょう。

個人事業主の登録におススメな業種

  • ブログなどのアフィリエイト
  • せどり、転売系
  • プログラマー、WEBデザイナー
  • カメラマン、ライター

ざっと思い付いたのはこれらですが、それ以外にも色々ありそうですね。これらは飽く迄も隠れ蓑なので、自分が得意とするもので、かつ定期的に収入を得られる業種なら何でも良いと思います。

メインはFX取引なので、それと並行する物がベストです。

実際に個人事業主になるには、調べてみると分かりますが、本当に簡単です。

流れとしては

①国税局サイトから、個人事業主開業届と青色申告承認申請書をダウンロード。

②個人事業主開業届と青色申告承認申請書を記載して、近隣の税務署に郵送。

たったこれだけで終わりです。送付する書類も書き込む欄も少なく、不安ならばネットで調べるなり税務署に直接出向き、色々と聞いてみれば解消されるでしょう。

個人事業主の青色申告

前回の記事でも書きましたが、FXや株をしていると確定申告のメリットがありますよね。損失を出しても、3年間の繰越控除があるという事です。この理屈がそっくりそのまま、個人事業主になると使えます。事業主登録した仕事が赤字なら、3年間繰越ができます。

これは大きなポイントですね。

次に青色申告についてです。これはどこかで聞いた事がありますよね。個人事業主になる際に、一緒に提出したあの書類の事です。この青色申告というのは、ちょっと面倒ですが税制が優遇される魔法の紙となります。

青色申告特別控除…帳簿を複式簿記なら65万円、簡易簿記なら10万円を課税所得から控除できる

これもあまり難しく考えずに、個人事業主のメリットとして青色申告なら所得から一定額を差し引き控除されるという事です。もちろん、それなりの所得(売上)があるという前提になりますが、大きな特典ですね。

個人事業主のメリット・デメリット

普通の人なら、個人事業主になるにはちょっと躊躇する面もあります。なぜなら、それが本業として利益を稼げているなら良いですが、僅かな金額でバイト程度なら、手間暇を考えると煩わしく感じるでしょう。

しかし、FXトレーダーも兼ねているならまた話は違ってきます。例えばネットで月5万円ほどの収入があり、それと並行してFXもしているなら、個人事業主のメリットは十分あります。

メリット

  • 個人事業主は他業種との併用も認めている。FXと他業種をまとめる事で、結果的に税制面で優遇される。
  • 65万円or10万円の特別控除
  • 損失3年間の繰越
  • 必要経費の認められ範囲が拡大

デメリット

  • 確定申告の義務
  • 損益計算書と貸借対照表の作成
  • 廃業する人も圧倒的に多い

補足すると、個人事業主になる事で、従来の確定申告よりも多少面倒になりますが、結果的に必要経費や控除などで恩恵が得られます。面倒と節税のどちらを取るか、という事になります。

個人で確定申告をするなら会計ソフトを使おう

青色申告で確定申告をするためには記帳等が必要です。

これは会計ソフトを使うことがおすすめです。

青色申告対策用の会計ソフトをご紹介しておきます。ある程度、無料で使える機能がありますので、試してみてください。

おすすめは無料でも機能がある程度使える弥生会計freeeです。

簿記・会計の知識が無い方にもわかりやすくなっていますので、まずは無料で試してみてください。

ある程度、規模があり、節税テクニック等を税理士に相談したい

ある程度、規模があり、節税テクニック等を税理士に相談したいのであれば、税理士ドットコムで相談できます。

税理士ドットコムであれば、FX・投資・仮想通貨等に強い税理士もリクエストできますので、今後FX事業を拡大してくのであれば、節税や決算業務、開業について早めに専門家に相談することをおすすめします。

⇒FX開業登録を税理士ドットコムに相談する

まとめ

FXで毎年定期的に利益を出し続けているなら、個人事業主になるとメリットが大きいと思います。毎年確定申告をしているなら、その程度の知識で簡単に手続きを終えらせます。

しかし、個人的には損益計算書と貸借対照表の作成が面倒に感じます。これを自分で行うなら、簿記3級程度の知識がないと、初めてなら混乱しそうですね。しかし、大抵の個人経営者がこの程度の事は、自ら行っているので大したことないと言えば、それまでです。

結論:FXで利益上げているなら、個人事業開業登録はメリットあり!

⇒まずは無料で!freeeの簡単青色申告







FX初心者は少額から始めるのがおすすめ

約4円からFXができるSBI FXトレードの評判はこちら




FX初心者の人向けにFXを始めるために必要な知識をまとめました。



堅実な投資をまとめた無料メルマガが完成しました。

>>ローリスクハイリターン投資をまとめた無料メルマガ

リスクをできるだけ低く、堅実に投資で収益を上げたいという方に役立つメルマガになっています。参考にしてください。