FX初心者のための役に立つブログ

FXに関するブログです。FX初心者向けのわかりやすい解説ブログを目指しています。

各国の情勢 日本

東芝は債務超過、決算延期で東証2部降格!一体どうなるのか?上場廃止も可能性が高い

昨年は芸能関連で大きな話題が多かったですが、今年は国際・経済と早くも充実した年になりつつありますね。

ニュースだけが楽しみな私にとっては、どんなドラマや映画よりもワクワクさせてくれるので見応えがありますが、当事者にとっては堪ったものではないですね。それにしても、東芝は一体どうなってしまうのでしょう。

皮肉なのは、原発を廃炉するビジネスも展開するその本体/本社が実際に解体/廃止されるような現状が迫りつつあります。

笑い事ではありませんが、これが日本社会の現実です。高齢化社会が謳われますが、企業も取り返しのつかない超高齢状態で、流れる血液はドロドロなのですね。

Sponser Link


東芝の報道あれこれ(2月15日正午現在)

  • 東芝は事実上の解体危機に直面
  • 東芝株、一時13%下落
  • 風前の灯火に空売り仕掛ける三菱UFJの非情
  • 決算発表 延期の東芝株、大幅下落で一時200円割り込み
  • 菅義偉官房長官、「政府として注視する」発言

これらはまだ序の口で、これ以外にもたくさんの報道が出ています。あまりにもネガティブな話題が多いと、もしかしたら底値で今後は上がるのではと思えますが、個人的には無茶をしない方が良いと思います。

一応、菅官房長官がやや前向きな発言をしましたが、それが株価や今後にどのような影響を与えるかは不透明です。

唯一の頼み「半導体事業」を全て売却へ!

東芝の関連話題を読み漁ると、何年も前から米の原発子会社ウェスチングハウス・エレクトリックに不正問題があったのは明らかです。しかし、半導体が好調という事もあって、逆に他の事業はろくなものがないので、それらの不正/失敗を隠してでも、何が何でも原発事業を突き進むしか道はなかったのでしょう。

これは個人投資家にも当て嵌まりますね。勝負時だと思って攻めるのも大いに結構ですが、負ける/逃げる、これ以上は無理だという一線の見極めを間違えるととんでもない事にあっという間になります。

東芝側としては最後の切り札⇒半導体事業売却⇒銀行融資容認

という流れを期待しているはずですが、それは上手く進んでも、結局は唯一の頼み綱も手放す事で、遅かれ早かれ企業としての終わりを意味します。

このようなニュースが出る度に、日本の優良企業が買い支え、融資をすれば良いのにと思っていましたが、今はそんな余裕がある企業はどこにもないのでしょう。

半導体の勢力図

一方で半導体事業に目を移してみると、世界的には今後も伸びるとされています。東芝株や下手な日本企業に投資するなら、世界の優良半導体企業に賭けてみる方が面白そうですね。

・2016年上半期 半導体売上ランキングより抜粋

1位:インテル
2位:サムスン
3位:TSMC(台湾)
9位:東芝
16位:ルネサス

しかし、半導体では日本トップの東芝も世界から見ると、無残な順位となっています。ランキングも下位のギリギリトップ10入りですが、売上などで比較するとインテルの1/6程度です。

これでは、買収しても仕方がないのでは、と素人ながらに思います。

東芝株で儲けるには空売りをすべきか?

こんな状況の東芝でも、個人投資家なら儲ける事が出来るのでは、とちょっと考えてしまいますよね。

そうです、FXトレーダなら誰もが想像する"空売り"ですね。どうやら、あなただけでなく、誰も彼も同じことを考えているようです。

(画像元:株探)

上記の"信用売り残の増加ランキング"からも、圧倒的な売り人気となっているのが分かります。株式や個別銘柄は普段まったくノーマークなので断定できませんが、多分数週間や数か月前から東芝は信用売りされていたと思います。

当時から、悪いニュースがあったので、まあ当然ですね。こんな状況の会社を今から儲けるには、FXと同じで買うor売るの二択しかありませんが、

  • 買い建て…どう考えてもこの後も下落しそうで怖い
  • 空売り…下落しそうだが、東芝が上場廃止になる可能性も

株取引はそんなに詳しくないので、恐縮しながら書きますが、まず東芝が上場廃止になる可能性が非常に高いです。

しかし、その前に東証一部から二部に転落する方が早いでしょう。(報道によると3月末に東証2部に降格見込みです。)

その後に上場廃止になると予想します。

よって、2018年3月末で債務超過なら上場廃止決定になります。

そうなると後1年ほどは、東芝株取引を楽しむ事が出来ますね。

ちなみに東芝株の空売りの方法は以下の記事を参考
東芝不正問題で株価暴落中!買うべきか?空売りすべきか?

しかし、空売りにはやはり問題点/注意点も多いです。

  • 空売りしても、そもそも買う人がいないので決済できない!
  • 上場廃止の場合は、空売り規制かかる可能性大!
  • マネーゲームとなり、高騰する可能性も捨てきれない

→空売りなら大損となる

このような先行き不透明な東芝株の場合は、

  • 買収報道…株価大きく上がる可能性あり
  • 悪材料…株価がさらなる下落

個人的には上場廃止の可能性が高いと思うので、今からでも空売りして、最後は1円買戻しの強制決済で大儲けといきたいのですが、現実はどうなるのでしょうか?

東芝を空売りしている人は、規制が入ると売り建て出来なくなるので、急いで勝負をしているのでしょう。

実際にあと一年ほど持つのか、それとも意外な急展開となるのか、本当に分かりませんね。

現状では空売り参加者が非常に多くなっている。残り一年ほど猶予があると思うが、規制入る可能性もあるので、空売り考えるなら急いで準備するべき。

しかし、現状でも底値と言える気がしないでもない。外資系や買収先の出方次第で一気に上がる可能性も捨てきれない。







FX初心者は少額から始めるのがおすすめ

約4円からFXができるSBI FXトレードの評判はこちら




FX初心者の人向けにFXを始めるために必要な知識をまとめました。



堅実な投資をまとめた無料メルマガが完成しました。

>>ローリスクハイリターン投資をまとめた無料メルマガ

リスクをできるだけ低く、堅実に投資で収益を上げたいという方に役立つメルマガになっています。参考にしてください。